ブログ記事

2017.11.24
【仮称:はな保育園ひろじほんまち】説明会に関してのお知らせ
2017.11.14
新規保育施設開園のご報告:北名古屋市【はな保育室とくしげ駅前】
2017.11.10
◆12月2日事前予約制◆ はな保育園ひろじほんまち【仮称】入園説明のご案内
2017.11.6
◆11月28日事前予約制◆ はな保育園ひろじほんまち【仮称】入園説明のご案内
2017.10.27
平成30年4月新規保育施設開園のご報告【名古屋市内】
2017.9.20
採用に関するお知らせ
2017.9.13
はな保育園せんのんじ事前見学のお知らせ
2017.6.2
公募結果の発表がありました。
2017.5.20
新規保育施設開園予定【名古屋市西部】
2017.1.7
新規保育施設開園のご報告【長久手市】
2017.1.5
新規保育施設開園のご報告【一宮市森本】
2016.7.3
新規保育施設開園のご報告【一宮市一宮駅前】
2016.6.17
閉園のご報告
2016.6.12
保育士がいっぱい辞めましたのハナシ
2016.4.24
夜な夜な
2016.1.8
新規保育施設開園のご報告【北名古屋市西春駅前】
2015.12.19
あとくされ
2015.12.19
新規保育施設開園のご報告【名古屋市中区大須観音前】
2015.12.12
内定をもらう
2015.12.3
休憩の話
2015.11.28
保育士のツボ
2015.11.14
最近よく聞かれること
2015.10.30
積み重ねの話。
2015.10.7
ヨコシマな気持ち
2015.10.3
毎年恒例
2015.9.26
ワザの話
2015.9.9
頃合い
2015.4.21
グリグリの季節
2015.4.11
しんみり
2015.3.8
不文律と時間の流れ。。
2015.2.19
はな保育のこがねの話
2014.11.29
はな保育園
2014.10.11
保育士の待遇の話 
2014.9.22
大垣の話
2014.9.13
保育園の絵が出来ました。
2014.8.30
27年度4月のお話
2014.8.23
短期間保育の仕事がしたい。
2014.8.10
研修をしました。
2014.7.29
旅支度
2014.7.26
ゆっくりゆっくり
2014.7.13
『また』
2014.7.10
こんな感じ。
2014.7.5
流行のコト
2014.6.30
明日から
2014.6.27
保育士向けの研修をすることにしました。
2014.6.16
保育園を始めるコトにしました。
2014.6.7
たくらみの果てに
2014.6.3
4つ葉のなんたら
2014.5.31
いい保育の話
2014.4.29
老い。。。
2014.4.25
年中求人している園
2014.4.18
先生の休暇を考える
2014.4.12
結果論
2014.2.22
防災ハンドブック
2014.2.3
山登り
2014.1.24
求人の感じ
2014.1.17
JAM
2013.12.28
本年もありがとうございました。
2013.12.26
マネージメントの話
2013.12.21
職業適性の話
2013.12.5
基準
2013.12.1
12月になりました。
2013.11.30
住民説明会。。。
2013.11.27
朝活
2013.11.23
今の感じ
2013.10.15
ハナシのネタのハナシ
2013.10.12
職場恋愛
2013.10.7
再チャレンジ【継続の心得】
2013.10.5
ボチボチ2014年のお話しが聞こえます。
2013.10.3
先生方のタワゴト
2013.9.29
保育士登録
2013.8.28
久しぶりすぎて
2013.7.26
待機児童と保育士の関係
2013.7.25
東海3県の保育士求人状況
2013.7.13
もうすぐ参院選ですね。
2013.7.5
一粒万倍
2013.6.22
カバーもカヴァーも無しで。
2013.6.15
潜在保育士の皆様。資格は生かした方がよいですね。
2013.6.14
待機児童解決に向かうとき
2013.5.25
株式会社の保育所参入②
2013.5.20
保育園に看護師さん。
2013.5.14
株式会社の保育所参入
2013.5.13
イメージは大切
2013.5.11
5月の保育園・幼稚園というモノはですね
2013.4.30
年を取るのは楽しいのです。
2013.4.27
とある園長さん。
2013.4.24
尖るとトンガル
2013.4.20
4月の保育園・幼稚園求人って
2013.4.12
ママさん幼稚園教諭って
2013.4.8
保育士・幼稚園教諭の方が気になること。【恋愛編】
2013.4.6
成長のタネ
2013.4.1
臨機応変に
2013.3.28
正しいお伊勢参りの話
2013.3.26
2013年度は先生が転職をし易い環境を作ってみたいと思っています。
2013.3.20
卒園
2013.3.9
人それぞれ
2013.3.7
保育・幼稚園教諭資格準備中の皆様へ
2013.3.2
育つはよろしい
2013.2.23
保育士・幼稚園教諭キャリア形成のお話
2013.2.18
ブレーキとトイレとアイアンシェフ
2013.2.16
人事異動について
2013.2.15
継続は力なり。
2013.2.9
リクルートという会社
2013.2.8
ブログを書く
2013.2.7
保育園、幼稚園求人のハナシ
2013.2.4
Dはディー、デーでは無いが
2013.1.30
ピアノマンっていましたね。
2013.1.26
保育の求人状況
2013.1.15
働き方の話
2013.1.13
伝達係
2013.1.11
保育士・幼稚園教諭な人々
2013.1.9
誰でもできること
2012.12.26
顔をあげる
2012.12.21
『5の朝』
2012.12.19
お知らせとご協力御礼
2012.12.18
政党別子育て支援策の中身
2012.12.15
お子様連れの面接のワケ
2012.12.12
名古屋の保育求人
2012.12.10
就業機会をたくさん
2012.12.8
ATSUSHI
2012.12.8
未来の話
2012.12.1
ようやくようやく
2012.11.24
すばらしいリーダー
2012.11.22
コトバの意味を考える
2012.11.15
鈴が鳴る。続けること
2012.11.3
春日井の会社
2012.11.1
保育士『増』でも不足感???
2012.10.30
師走
2012.10.24
ボツボツ
2012.10.23
やわらかさが大事
2012.10.20
天候とテンコーの恵み
2012.10.18
木を見て森を見ず
2012.10.16
園長さんが足りない話
2012.10.15
保育士さんは4位
2012.10.11
占い
2012.10.9
伝統
2012.10.6
自嘲と自重
2012.10.6
安定
2012.10.3
秋なので
2012.9.29
問い合わせが増えたこともあり、再度気持ちを入れて進んで行こうと思います。
2012.9.29
単純な数字
2012.9.23
『待つ』が人を育てる【待ち時間のため】
2012.9.22
種まき
2012.9.21
手をひらく
2012.9.19
カーシェアリング
2012.9.12
ココロの話
2012.9.11
ハコが増えると
2012.9.6
休憩時間
2012.9.4
ウンウンが大切
2012.8.13
社内恋愛
お仕事情報検索
  

毎年恒例

毎年毎年この季節は、運動会かと思いきや僕はあんまり関係なくて、

この季節はもういろいろ辛いから、3月で辞めよう。でもあと半年すげー長い。。。

と、感じている人たちと向き合う時期になっている。

僕はとても薄情なんだと思うのだが泣かれても、わめかれても平気です。

僕には何にもできんと割り切っているのです。実際そうだし。

泣く人もわめく人も辛かろうがなんだろうが、3月までやると決めているから、

そうなるともう僕には何にもできないんですね。話してくれることをひたすら『ふんふん』

と聞き続けています。

いつもホントに思うのですが、何にもできません。相手も僕に何にも期待していません。

それは良くわかる。

何も出来ないということもあれば初対面の僕の前で泣くくらいつらい状況にある人が

それでもあと半年やるんだと思って腹を括っているのだから外野の僕が

何を偉そうに話すことがあるのかと思う。だからずっと『ふんふん』。

こういう事象は退職を決めてから退職をするまでのストロークが長い

この業界特有のことなのかも知れない。

そうはいってもそんなもん知るかとやめていった人たちによって

落ち込んでる園長先生たちもいたりする。保育園の整備によってよくなった部分と

確実にその制度によって疲労している部分両方見ているとまだまだ出来ることはあるはずと

多少力も入ります。

昨日話した先生もたくさん泣いていました。残念ながら退職をするそうで、自分が新卒で

担当した子供さんたちの卒園まで一緒に行きたかったそうな。

たぶんこういう人は多いと思うし、こういうまじめな人は次の転職先で必ずいい思いを

してほしいと思います。昨日その人にもお伝えしたのですが、

そういう先生ほど次の職場で身の回りに必ず起こる不条理だったり、不都合だったりを

受け止められる心を保っておいてほしいと思います。

保ち方や器の広げ方は人それぞれだと思いますが、期待に期待をした転職ほどうまくいかない

もんです。期待しすぎると本来自分の周りに普通に起こることが正しく受け止められなくて

自分のミスも、他人のミスも過剰に反応する対象になってしまったりします。

そういう自分にとって都合の良くないことを普通に受け止められる状態をいろんな方法で作って

次に進んでもらえたらなぁと思います。バラ色の転職なんかはありません。

僕はそんなありもしないことを夢見るより心の余裕の部分を広げたり、

増やしたりする方法を一緒に考えています。とてもアナログで地味な作業ですが、

僕はこれは正解だと思うので、例年通り今年も続けようと思っています。

そういう僕も自分とこの先生たちがどう感じているか考えるのは本当に怖いのです。

人のことだと落ち着いて聞いているくせに自分のことだとそんなもんです。

親身になっているつもりでも、やっぱり僕は薄情なんだなぁと思います。。。

まぁそんなもんです。。。

保育士派遣 パーソンズ