ブログ記事

2017.11.14
新規保育施設開園のご報告:北名古屋市【はな保育室とくしげ駅前】
2017.11.10
◆12月2日事前予約制◆ はな保育園ひろじほんまち【仮称】入園説明のご案内
2017.11.6
◆11月28日事前予約制◆ はな保育園ひろじほんまち【仮称】入園説明のご案内
2017.10.27
平成30年4月新規保育施設開園のご報告【名古屋市内】
2017.9.20
採用に関するお知らせ
2017.9.13
はな保育園せんのんじ事前見学のお知らせ
2017.6.2
公募結果の発表がありました。
2017.5.20
新規保育施設開園予定【名古屋市西部】
2017.1.7
新規保育施設開園のご報告【長久手市】
2017.1.5
新規保育施設開園のご報告【一宮市森本】
2016.7.3
新規保育施設開園のご報告【一宮市一宮駅前】
2016.6.17
閉園のご報告
2016.6.12
保育士がいっぱい辞めましたのハナシ
2016.4.24
夜な夜な
2016.1.8
新規保育施設開園のご報告【北名古屋市西春駅前】
2015.12.19
あとくされ
2015.12.19
新規保育施設開園のご報告【名古屋市中区大須観音前】
2015.12.12
内定をもらう
2015.12.3
休憩の話
2015.11.28
保育士のツボ
2015.11.14
最近よく聞かれること
2015.10.30
積み重ねの話。
2015.10.7
ヨコシマな気持ち
2015.10.3
毎年恒例
2015.9.26
ワザの話
2015.9.9
頃合い
2015.4.21
グリグリの季節
2015.4.11
しんみり
2015.3.8
不文律と時間の流れ。。
2015.2.19
はな保育のこがねの話
2014.11.29
はな保育園
2014.10.11
保育士の待遇の話 
2014.9.22
大垣の話
2014.9.13
保育園の絵が出来ました。
2014.8.30
27年度4月のお話
2014.8.23
短期間保育の仕事がしたい。
2014.8.10
研修をしました。
2014.7.29
旅支度
2014.7.26
ゆっくりゆっくり
2014.7.13
『また』
2014.7.10
こんな感じ。
2014.7.5
流行のコト
2014.6.30
明日から
2014.6.27
保育士向けの研修をすることにしました。
2014.6.16
保育園を始めるコトにしました。
2014.6.7
たくらみの果てに
2014.6.3
4つ葉のなんたら
2014.5.31
いい保育の話
2014.4.29
老い。。。
2014.4.25
年中求人している園
2014.4.18
先生の休暇を考える
2014.4.12
結果論
2014.2.22
防災ハンドブック
2014.2.3
山登り
2014.1.24
求人の感じ
2014.1.17
JAM
2013.12.28
本年もありがとうございました。
2013.12.26
マネージメントの話
2013.12.21
職業適性の話
2013.12.5
基準
2013.12.1
12月になりました。
2013.11.30
住民説明会。。。
2013.11.27
朝活
2013.11.23
今の感じ
2013.10.15
ハナシのネタのハナシ
2013.10.12
職場恋愛
2013.10.7
再チャレンジ【継続の心得】
2013.10.5
ボチボチ2014年のお話しが聞こえます。
2013.10.3
先生方のタワゴト
2013.9.29
保育士登録
2013.8.28
久しぶりすぎて
2013.7.26
待機児童と保育士の関係
2013.7.25
東海3県の保育士求人状況
2013.7.13
もうすぐ参院選ですね。
2013.7.5
一粒万倍
2013.6.22
カバーもカヴァーも無しで。
2013.6.15
潜在保育士の皆様。資格は生かした方がよいですね。
2013.6.14
待機児童解決に向かうとき
2013.5.25
株式会社の保育所参入②
2013.5.20
保育園に看護師さん。
2013.5.14
株式会社の保育所参入
2013.5.13
イメージは大切
2013.5.11
5月の保育園・幼稚園というモノはですね
2013.4.30
年を取るのは楽しいのです。
2013.4.27
とある園長さん。
2013.4.24
尖るとトンガル
2013.4.20
4月の保育園・幼稚園求人って
2013.4.12
ママさん幼稚園教諭って
2013.4.8
保育士・幼稚園教諭の方が気になること。【恋愛編】
2013.4.6
成長のタネ
2013.4.1
臨機応変に
2013.3.28
正しいお伊勢参りの話
2013.3.26
2013年度は先生が転職をし易い環境を作ってみたいと思っています。
2013.3.20
卒園
2013.3.9
人それぞれ
2013.3.7
保育・幼稚園教諭資格準備中の皆様へ
2013.3.2
育つはよろしい
2013.2.23
保育士・幼稚園教諭キャリア形成のお話
2013.2.18
ブレーキとトイレとアイアンシェフ
2013.2.16
人事異動について
2013.2.15
継続は力なり。
2013.2.9
リクルートという会社
2013.2.8
ブログを書く
2013.2.7
保育園、幼稚園求人のハナシ
2013.2.4
Dはディー、デーでは無いが
2013.1.30
ピアノマンっていましたね。
2013.1.26
保育の求人状況
2013.1.15
働き方の話
2013.1.13
伝達係
2013.1.11
保育士・幼稚園教諭な人々
2013.1.9
誰でもできること
2012.12.26
顔をあげる
2012.12.21
『5の朝』
2012.12.19
お知らせとご協力御礼
2012.12.18
政党別子育て支援策の中身
2012.12.15
お子様連れの面接のワケ
2012.12.12
名古屋の保育求人
2012.12.10
就業機会をたくさん
2012.12.8
ATSUSHI
2012.12.8
未来の話
2012.12.1
ようやくようやく
2012.11.24
すばらしいリーダー
2012.11.22
コトバの意味を考える
2012.11.15
鈴が鳴る。続けること
2012.11.3
春日井の会社
2012.11.1
保育士『増』でも不足感???
2012.10.30
師走
2012.10.24
ボツボツ
2012.10.23
やわらかさが大事
2012.10.20
天候とテンコーの恵み
2012.10.18
木を見て森を見ず
2012.10.16
園長さんが足りない話
2012.10.15
保育士さんは4位
2012.10.11
占い
2012.10.9
伝統
2012.10.6
自嘲と自重
2012.10.6
安定
2012.10.3
秋なので
2012.9.29
問い合わせが増えたこともあり、再度気持ちを入れて進んで行こうと思います。
2012.9.29
単純な数字
2012.9.23
『待つ』が人を育てる【待ち時間のため】
2012.9.22
種まき
2012.9.21
手をひらく
2012.9.19
カーシェアリング
2012.9.12
ココロの話
2012.9.11
ハコが増えると
2012.9.6
休憩時間
2012.9.4
ウンウンが大切
2012.8.13
社内恋愛
2012.8.11
N marunouchi
お仕事情報検索
  

株式会社の保育所参入

以前からいろんな場所で形を変えて議論されている内容ですが、



5月2日の規制改革会議を経て参入OKが決まりそうな気配です。



これに関しては諸々意見がありますが、大きく別けて参入を阻む理由は



1◆株式会社運営で倒産したらどうすんだ

2◆公費が企業の利益に使われることに対する問題意識

3◆株式会社運営は利益至上主義で保育という事業に適さない



ひとつひとつ考える必要があるんですが、



↓かしこくないので、法律とかのややこしいハナシは僕はできません。



社会福祉法人と株式会社の違いですが、わかりやすくいうとお金を自由に使えるか使えないかです。



社会福祉法人のお金【利益】は社会福祉のためのみに使用することが出来ます。



株式会社は自由です。言い換えれば保育事業で儲けたお金でビル買ったり、株を買ったり別の



事業に投資したりして更に儲けることも可能です。社会福祉法人はこれが許されませんので、



利益偏重・・・という反論が出ます。



また保育事業は補助金で成り立つ側面が大きいです。



よってそういった公共性の高い事業なのに利益優先になる法人が『いい保育』をできるのか?



という論は2、3につながっています。



一旦この前提を踏まえて考えて1から考えますが、倒産件数は知りませんが、社会福祉法人でも



普通に倒産してます。



なぜこの倒産のリスクが前面に押し出されるのか僕は良くわかっていないのですが、



社会福祉法人も倒産します。これは事実です。だから1が語られたりするのがそもそもよくわかりません。



お金が自由に使えるか使えないかに起因している論調だとは思うのですが、いずれにせよ、



何がしかの理由で運営母体が消滅する事実が発生しうるのはおんなじです。



2、3は運営側では無く、倫理観とか利用者の利便性とか抽象的なものが判断材料になる



お話だと思うので、議論する必要があることに思えません。



いい人もいるし悪い人もいるという話です。



ダメなのはいい人は 『こういう人だ』 と利用者【子供さんとか親】以外



の人間が定義付けすることだと思います。



だから株式会社よりの目線で社会福祉法人は同族が多いからダメ



と言うのも意味がわからない。お金をティッシュのようにカジノで使った人も㈱の同族でした。



株式会社は利益至上主義だから云々も同じ。いい経営者は法人格を問わずたくさんいます。



保育、教育現場では人を見た目で判断してはいけないという訳ですし。



ので、あえて反対意見、賛成意見をジャッジせず問題を整理してみたらおのずから結論は



出てしまうのかなと思います。



どちらにせよ待機児童対策の肝は保育士の数だと思っているパーソンズは



保育士のワークライフバランスをきちんとやれる会社に成るべく我が道を行こうかと思います。



保育に必要な床の数は建物を縦に伸ばせば確保できますが、



人はどう頑張っても1人が2人には成らんわけで。。。



人という字は・・・と話したくなります。



いずれにせよ、状況が変わることは良いことなので、来るべき時に備えて



保育に関わる方が一人でも増えるようにスピード感を持って日々取り組んで参りたいと思います。

保育士派遣 パーソンズ