ブログ記事

2017.9.20
採用に関するお知らせ
2017.9.13
はな保育園せんのんじ事前見学のお知らせ
2017.6.2
公募結果の発表がありました。
2017.5.20
新規保育施設開園予定【名古屋市西部】
2017.1.7
新規保育施設開園のご報告【長久手市】
2017.1.5
新規保育施設開園のご報告【一宮市森本】
2016.7.3
新規保育施設開園のご報告【一宮市一宮駅前】
2016.6.17
閉園のご報告
2016.6.12
保育士がいっぱい辞めましたのハナシ
2016.4.24
夜な夜な
2016.1.8
新規保育施設開園のご報告【北名古屋市西春駅前】
2015.12.19
あとくされ
2015.12.19
新規保育施設開園のご報告【名古屋市中区大須観音前】
2015.12.12
内定をもらう
2015.12.3
休憩の話
2015.11.28
保育士のツボ
2015.11.14
最近よく聞かれること
2015.10.30
積み重ねの話。
2015.10.7
ヨコシマな気持ち
2015.10.3
毎年恒例
2015.9.26
ワザの話
2015.9.9
頃合い
2015.4.21
グリグリの季節
2015.4.11
しんみり
2015.3.8
不文律と時間の流れ。。
2015.2.19
はな保育のこがねの話
2014.11.29
はな保育園
2014.10.11
保育士の待遇の話 
2014.9.22
大垣の話
2014.9.13
保育園の絵が出来ました。
2014.8.30
27年度4月のお話
2014.8.23
短期間保育の仕事がしたい。
2014.8.10
研修をしました。
2014.7.29
旅支度
2014.7.26
ゆっくりゆっくり
2014.7.13
『また』
2014.7.10
こんな感じ。
2014.7.5
流行のコト
2014.6.30
明日から
2014.6.27
保育士向けの研修をすることにしました。
2014.6.16
保育園を始めるコトにしました。
2014.6.7
たくらみの果てに
2014.6.3
4つ葉のなんたら
2014.5.31
いい保育の話
2014.4.29
老い。。。
2014.4.25
年中求人している園
2014.4.18
先生の休暇を考える
2014.4.12
結果論
2014.2.22
防災ハンドブック
2014.2.3
山登り
2014.1.24
求人の感じ
2014.1.17
JAM
2013.12.28
本年もありがとうございました。
2013.12.26
マネージメントの話
2013.12.21
職業適性の話
2013.12.5
基準
2013.12.1
12月になりました。
2013.11.30
住民説明会。。。
2013.11.27
朝活
2013.11.23
今の感じ
2013.10.15
ハナシのネタのハナシ
2013.10.12
職場恋愛
2013.10.7
再チャレンジ【継続の心得】
2013.10.5
ボチボチ2014年のお話しが聞こえます。
2013.10.3
先生方のタワゴト
2013.9.29
保育士登録
2013.8.28
久しぶりすぎて
2013.7.26
待機児童と保育士の関係
2013.7.25
東海3県の保育士求人状況
2013.7.13
もうすぐ参院選ですね。
2013.7.5
一粒万倍
2013.6.22
カバーもカヴァーも無しで。
2013.6.15
潜在保育士の皆様。資格は生かした方がよいですね。
2013.6.14
待機児童解決に向かうとき
2013.5.25
株式会社の保育所参入②
2013.5.20
保育園に看護師さん。
2013.5.14
株式会社の保育所参入
2013.5.13
イメージは大切
2013.5.11
5月の保育園・幼稚園というモノはですね
2013.4.30
年を取るのは楽しいのです。
2013.4.27
とある園長さん。
2013.4.24
尖るとトンガル
2013.4.20
4月の保育園・幼稚園求人って
2013.4.12
ママさん幼稚園教諭って
2013.4.8
保育士・幼稚園教諭の方が気になること。【恋愛編】
2013.4.6
成長のタネ
2013.4.1
臨機応変に
2013.3.28
正しいお伊勢参りの話
2013.3.26
2013年度は先生が転職をし易い環境を作ってみたいと思っています。
2013.3.20
卒園
2013.3.9
人それぞれ
2013.3.7
保育・幼稚園教諭資格準備中の皆様へ
2013.3.2
育つはよろしい
2013.2.23
保育士・幼稚園教諭キャリア形成のお話
2013.2.18
ブレーキとトイレとアイアンシェフ
2013.2.16
人事異動について
2013.2.15
継続は力なり。
2013.2.9
リクルートという会社
2013.2.8
ブログを書く
2013.2.7
保育園、幼稚園求人のハナシ
2013.2.4
Dはディー、デーでは無いが
2013.1.30
ピアノマンっていましたね。
2013.1.26
保育の求人状況
2013.1.15
働き方の話
2013.1.13
伝達係
2013.1.11
保育士・幼稚園教諭な人々
2013.1.9
誰でもできること
2012.12.26
顔をあげる
2012.12.21
『5の朝』
2012.12.19
お知らせとご協力御礼
2012.12.18
政党別子育て支援策の中身
2012.12.15
お子様連れの面接のワケ
2012.12.12
名古屋の保育求人
2012.12.10
就業機会をたくさん
2012.12.8
ATSUSHI
2012.12.8
未来の話
2012.12.1
ようやくようやく
2012.11.24
すばらしいリーダー
2012.11.22
コトバの意味を考える
2012.11.15
鈴が鳴る。続けること
2012.11.3
春日井の会社
2012.11.1
保育士『増』でも不足感???
2012.10.30
師走
2012.10.24
ボツボツ
2012.10.23
やわらかさが大事
2012.10.20
天候とテンコーの恵み
2012.10.18
木を見て森を見ず
2012.10.16
園長さんが足りない話
2012.10.15
保育士さんは4位
2012.10.11
占い
2012.10.9
伝統
2012.10.6
自嘲と自重
2012.10.6
安定
2012.10.3
秋なので
2012.9.29
問い合わせが増えたこともあり、再度気持ちを入れて進んで行こうと思います。
2012.9.29
単純な数字
2012.9.23
『待つ』が人を育てる【待ち時間のため】
2012.9.22
種まき
2012.9.21
手をひらく
2012.9.19
カーシェアリング
2012.9.12
ココロの話
2012.9.11
ハコが増えると
2012.9.6
休憩時間
2012.9.4
ウンウンが大切
2012.8.13
社内恋愛
2012.8.11
N marunouchi
2012.8.8
保育士さんにフォーカス
2012.8.7
待機児童について
2012.7.17
大津での事件で感じたこと
2012.7.14
20120711設立が完了しました。
お仕事情報検索
  

保育士がいっぱい辞めましたのハナシ

先日、ネットで見かけましたが、ある保育園で保育士が30人辞めたとのニュースを

見かけました。ことの成り立ちはともかくさぞかし園はびっくりしたと思う。うちの事業との絡みでいうと、

保育事業としては、同業者として同情、応援、疑問いろいろ考えますが、

派遣事業としては『ごっつぁんです。』って感じになるのかも知れない。ただうちの営業はあんまりそういう園には近づかない。争いが苦手という草食動物みたいな習性を持っているので恩恵もありませんが。

そして求職者に対して『よくわからんけど、いっぱい辞めたらしい。そしてよくわからんけど、あなたは大丈夫。とりあえずがんばって来い』

とそんな感じになるし、それは僕らやらないので、結局行っても仕事にならんのです。

今日はそういう流れの話で、給料が5万上がっても復職をためらう保育士が多いとの記事も見かけました。

ずいぶん前の話になるが、上がりもしない給料に期待値を持たせて求人かけるのはズルイとパー何とかという会社の頭クルクルパーの人がドヤ顔で言いましたが。。。

カッコ悪い。大見得切ったくせにがっちり国策的に昇給の可能性浮上。。。ダサ。。。

給与アップの施策各党出してきましたね。5万アップの党もあった。

僕は何の努力もせず上がりもしないと言いました。それは反省。

上がりそうですね。というか上がりますね。

でも。やっぱり復職したくない人の大部分は他産業と比較したときの給与ではなく、労働者として扱われてないことに嫌気が指しているのでは?という持論はまったく変わりません。

保育士の給料が今のままでいいとは決しても思いませんが、むしろ平均在籍だけ切り取れば給料上がらんのはしょうがないといえばしょうがない。

年功序列型賃金の業界で辞めたらそりゃ給料あがらんわという理屈です。

平均在籍が短いのは給与が安いからだという話は卵が先か鶏が先かという話だから、今しません。

安くていいとは思いません。ただ、今の保育士不足を給料の議論に結びつけるのはいろいろ考えると労使双方デメリットが大きいように思います。

給料5万も上がったらたぶんあほな園長はもっと仕事しろと言います。

時間は有限だし、見れる子供の数も決まっているのにもっと仕事しろといわれたら僕なら辞めます。

そして製作で使う紙やはさみ自腹で買えといいませんが、買うなとも言いませんので、

板ばさみになった先生はダイソーとかで自分で買います。そんなもん請求すればいいじゃんといっても先輩やそのまた先輩が請求していないのに、学校出たての新卒が請求できるわけもない。

こういう事例も散見されますし、お金も大事だけど、一般産業並みの労働環境をきちんと作ること。こっちのほうが先で、大事で、簡単な気がするんですけどね。

それこそそれに関しては園独自の判断で明日からでもできる。

相変わらず保育士は足りませんし、いろんな動きで給料は上がりそうです。ここらは業界関係者というよりそれ以外の方の力もたくさん借りて起きている動きです。

業界としても保育士不足に対してできること。労働環境の改善をやりましょうよ。これは業界の人間で無いと取り組めないです。価値あります。たぶん先生たち喜びます。

自分の奥さんや彼女が家に仕事持って帰ってくるとまともな社会人は辞めろって言います。普通のことです。だんなさんや彼の会社はそういう指示出さないからです。

そういう時代に保育業界は。。。子供のことは。。。というのはただの怠慢だと思います。

そういうことで辞めるスイッチ入れる人多いだろうな。とそんな風に思います。

僕は僕でまずは自分ところがやれといわれないように気をつけようと思います。

保育士派遣 パーソンズ